家庭薬の昔 日々進歩する家庭薬の昔をお伝えします!

季節の生薬について

生薬とは、植物・動物・鉱物などの天然物を簡単に加工して用いる薬のことを指しますが、ほとんどの生薬は薬草や薬木といった植物由来です。もちろん植物によって旬は異なるため、春夏秋冬、それぞれの季節の生薬があると言えます。ここでは季節ごとに、生薬として用いられる薬草と薬木を紹介いたします。

夏の薬草 アサガオ:ヒルガオ科サツマイモ属生薬名:牽牛子(けんごし)

  • 夏の薬草 アサガオ:ヒルガオ科サツマイモ属
  • 夏の薬草 アサガオ:ヒルガオ科サツマイモ属

アサガオの故郷は熱帯アジアです。平安時代の初め、遣唐使が薬用としてアサガオの種子を持ち帰ったのが最初です。 現在の観賞用アサガオは江戸時代にブームが起こり、種々の色合い、形の園芸種が生まれました。欧米ではジャパニーズ・モーニングローリーと呼ばれ、好まれ栽培されています。 朝顔につるべ取られてもらひ水加賀千代女 人口に膾炙された句ですが、「朝顔やつるべ取られてもらひ水」が千代女の直筆で残っていることから、金沢では「や」を推奨しているようです。
「に」と「や」では、俳句の趣も相当変わってきますね。なお、朝顔は、俳句では秋の季語となっています。
秋に種子を乾燥し、果皮を取り除いた種子を「牽牛子」といい、生薬として日本薬局方にも収録されています。 アサガオ(朝顔)の名の由来は、早朝3~4時ごろ開花し、午前中にしぼむことからきていますが、開花時間によってつけられたものに、ヒルガオ(昼顔)、ユウガオ(夕顔)、ヨルガオ(夜顔)があります。
また、牽牛子の名前は、「この薬を交易するのに牛を牽いて行った」ことが由来とされています。
主成分は樹脂配糖体のファルビチンで、強力な下剤のほか、利尿、下半身の浮腫にも用います。煎剤又は粉末にして使用しますが、作用が強いため、過量の使用に注意が必要です。