家庭薬の昔 日々進歩する家庭薬の昔をお伝えします!

季節の生薬について

春の薬草・薬木

春の薬木 アケビ:アケビ科生薬名:木通(モクツウ)通草(ツウソウ)

  • 春の薬木 アケビ:アケビ科 生薬 木通(モクツウ)通草(ツウソウ)
  • 春の薬木 アケビ:アケビ科 生薬 木通(モクツウ)通草(ツウソウ)

アケビはアケビ科のつる性の落葉低木の総称で、アケビ、ミツバアケビ、ゴヨウアケビ(アケビとミツバアケビの雑種)があり、4-5月頃に淡紫色の花を咲かせます。アケビを表す漢字には「木通、通草」のほかに、「山女、山姫」がありますが、これは開いた実を女陰部にたとえたことからきています。 秋にはバナナの形をした果実が成り、その中の果肉は甘く、カンテンのような食感があります。果皮はほろ苦く、ひき肉を内部に詰めて油で揚げたり、刻んで味噌炒めにするなど、山菜料理として親しまれています。また、わか葉や柔らかなつる先は、煮たり、塩漬けにして、食したり、乾燥し、お茶としても飲まれています。 生薬としては、木質化した茎を輪切りしたものを木通または通草と呼び利尿や通経、消炎を目的に使います。漢方処方の五淋散や竜胆瀉肝湯、当帰四逆加呉茱萸生姜湯には尿路疾患を目標に配合されています。 また、アケビの蔓は強靭なこともあって、昔からバスケットやイスをはじめ、アケビ細工の数々に利用されてきました。 老僧にあけびを貰う暇乞い子規
花あけび雄花雌花と濃く薄く青邨

春の薬木 レンギョウ:モクセイ科生薬名:連翹(レンギョウ)

  • 春の薬木 レンギョウ:モクセイ科 生薬 連翹(レンギョウ)
  • 春の薬木 レンギョウ:モクセイ科 生薬 連翹(レンギョウ)

レンギョウは桜の咲く頃に、黄色い四弁花を咲かせるモクセイ科レンギョウ属の耐寒性落葉低木です。 葉が出る前、または葉と同時に枝から花を咲かせます。雌ずいの花柱に長型と短型があり、同型では受粉が行われないことから実がなりません。公園などに植栽されているレンギョウは、挿し木等で繁殖させているものが多く、結実することはあまりありません。薬用に使うレンギョウは種子を使うので、そのためには必ず両タイプのものを混栽する必要があります。 レンギョウの仲間にはシナレンギョウ、チョウセンレンギョウがあります。レンギョウは別名レンギョウウツギ(連翹空木)と呼ばれるように、幹は空洞ですが、シナレンギョウ、チョウセンレンギョウには格子状の髄があり区別されます。また、レンギョウ、シナレンギョウは枝が枝垂れますが、チョウセンレンギョウは垂直に立ち上がります。これらのレンギョウは渡来種ですが、日本原産のものに、ヤマトレンギョウ、ショウドシマレンギョウがあり、他のレンギョウに比べ開花時期が4-5月と遅く咲きます。 生薬の連翹は、日本薬局方ではレンギョウまたはシナレンギョウの果実を用い、解熱、消炎、利尿、排膿などを目的に、響声破笛丸、清上防風湯、銀翹解毒散など多くの漢方薬に配合されています。 俳句の季語でもある「連翹忌」は彫刻家・詩人の高村光太郎の命日(4月2日)で、高村が生前好んだ花がレンギョウであり、彼の告別式で棺の上にその一枝が置かれていたことに由来します。 行き過ぎてなお連翹の花盛り中村汀女

春の薬草 イカリソウ:メギ科生薬 淫羊藿(インヨウカク)

「イカリソウ」は「錨草」と書くように、その花は見事に錨に似た形をしています。また、「三枝九葉草」と呼ばれるのは、根茎から出る葉が先ず3本の葉柄に分かれ、それぞれに3枚の小葉をつけ、全部で9枚の葉をつけることから名づけられました。
イカリソウには、トキワイカリソウ、キバナイカリソウ、ウラジロイカリソウや花に距がないバイカイカリソウ、ホザキノイカリソウなど多くの仲間があります。
生薬の淫羊藿は中国産のホザキノイカリソウの地上部の葉茎を乾燥したものですが、他のイカリソウも同様に使用します。
淫羊藿の名前の由来は、ホザキノイカリソウを食べた羊が一日に100回も交尾をするほど精力が強いことからきています。
従って、淫羊藿は強壮、強精の目的で用いられます。イカリソウの地上部には、イカリインという成分が含まれていて、このイカリインを用いての動物実験では、精液の分泌促進が確認されています。
また、淫羊藿は、神経衰弱、健忘症、慢性気管支炎、手足のしびれ、更年期の高血圧症、小児麻痺症の治療に用いられます。

春の薬木 サクラ:バラ科生薬名:桜皮(オウヒ)

サクラは日本の国樹ですが、原産地はヒマラヤ近郊と考えられています。北半球の温帯に広範囲に分布し、日本にはかなり昔から、ヤマザクラ、オオシマザクラなどが固有種として自生をしています。
ソメイヨシノは、オオシマザクラとエドヒガンからできた自然雑種です。大型で生長が早いことから、大抵の栽植はこのソメイヨシノです。江戸時代の末期、江戸の植木屋染井によって、はじめて売りに出されたことから、この命名がありますが、世界中のサクラの大半がこのソメイヨシノなのは驚きです。
ソメイヨシノは花の時期と葉の出る時期が異なっていますが、ヤマザクラは花と若葉は同時に出てきます。
桜餅に包むサクラの葉にはクマリンが含まれています。クマリンは配糖体の形で多くの植物に含まれるポリフェノールの一種で、特有の香があるため香料として利用されるほか、医薬品(むくみ改善など)として使用されます。
また、樹皮を生薬の桜皮(オウヒ)と呼び、鎮咳去痰剤として使用するほか、世界で初めて乳がんの手術をした江戸時代の紀州の医師、華岡青洲が創生した皮膚疾患の漢方薬「十味敗毒湯」に、解熱、収斂を目的に配剤されています。

春の薬木 ウメ:バラ科生薬名:烏梅(ウバイ)

梅は中国が原産です。本朝には万葉の歌人、大伴旅人が「わが園に梅の花散るひさかたの天より雪の流れくるかも」と梅を詠んだ頃に渡来しました。
本来は薬木としての目的でしたが、春の訪れを知らせる清楚な花が歌人に好まれ、万葉集には119首の多くが歌われています。当時は白梅しかありませんでした。紅梅は少し遅れて渡来し、平安時代になると、「木の花は濃きも薄きも紅梅」と清少納言が言い、万葉人が歌わなかった紅梅と、梅の香りが詠まれはじめました。
熟す直前の青梅を梅干、梅酒、梅酢、梅醤、ジャム、梅肉エキスの材料とします。梅干には解熱、鎮痛作用があり、唾液や胃液の分泌を促進するので健胃薬ともなります。 生薬としての「烏梅(ウバイ)」は未熟果を、藁を燃やした煙をあてて燻製にしたもので、下痢、嘔吐、健胃、整腸、駆虫、止血などに使用します。
中国では紀元前から酸味料として用いられており、塩とともに最古の調味料だとされています。日本語の「塩梅(あんばい)」は、良い味加減や調整を意味する言葉ですが、従来はウメと塩による味付けが美味くいったこと示した言葉です。

春の薬木 モモ:バラ科生薬名:桃仁(トウニン)

古来よりモモは邪悪を払う力があるものと考えられていたようで、日本人の誰もが知っている「桃太郎」の鬼退治の話も、イザナギが妻イザナミを追いかけていった黄泉の国で醜女に追いかけられ、最後にモモの実を投げて退散させた話などは、モモの力を物語っています。理想郷を桃源郷と呼ぶのも、モモに守られた世界からでしょう。
モモの果実の核の中にある種子を、生薬の「桃仁」と呼び、消炎性の駆瘀 血薬(くおけつやく)といって、血液の滞りをなくし、血液の循環をよくする働きがあり、桂枝茯苓丸や桃核承気湯といった婦人の更年期障害、月経不順、血の道症などを改善する漢方処方に配合されています。
開花前のつぼみを乾燥させたものを生薬では「白桃花」と呼び、緩下剤として用います。モモの葉は去痰、鎮静、緩下などの作用があることから、気管支炎に用いたりします。ただ、緩下作用があるため、妊婦への多量使用は注意が必要です。
古来より、梅や桜と同じように多くの人々に愛でられてきたモモは、また多くの歌に歌われてきました。万葉集には大伴家持が歌った「春の苑紅にほふ桃の花下照る道に出で立つをとめ」があり、モモの色と匂いに満ち溢れています。

春の薬草 タンポポ:キク科タンポポ属生薬名:蒲公英(ホコウエイ)

「タンポポ」はタンポポの仲間の総称です。多くはユーラシア大陸に分布しています。なお、英名のダンディライオン(dandelion)は「ライオンの歯」を意味します。これはギザギザした葉がライオンの牙を連想させることに由来します。
日本には、カントウタンポポ、カンサイタンポポ、シロバナタンポポなどの在来種に加え、帰化種のセイヨウタンポポ、アカミノタンポポが見られます。この中で、特にセイヨウタンポポは日本各地の都市部を中心に勢力を伸ばしています。セイヨウタンポポは、頭状花序の外側にある緑色の総苞片が反転していることで他のタンポポと識別することができます。
生薬としては、開花前の全草を天日乾燥したものを「蒲公英(ホコウエイ)」、秋から早春までの地上部の活動がない時期に根を掘り取り乾燥したものを「蒲公英根」といい、共に健胃、解熱、強壮、利胆などの多くの目的で利用されています。
民間薬としては、催乳効果あるとされ、また、食毒を消し、乳腫を治す働きがあるとされ用いられてきました。
漢方処方の「蒲公英湯」は、主薬の蒲公英に当帰、香附子、牡丹皮、山薬を加えた処方ですが、乳腺の発育不全のものに用います。
食材としては、花を三杯酢に、全草をサラダに、根を乾燥後粉末にし、よく炒って、ノンカフェインコーヒーとして飲まれています。