家庭薬の昔 日々進歩する家庭薬の昔をお伝えします!

家庭薬ロングセラー物語

正露丸発売開始年:1902(明治35)年企業ロゴ

あるとなぜだかホッとする、家庭の薬箱には欠かせない常備薬。
商品の歴史と説明

100年以上前から愛され続けてきた正露丸

『正露丸』は、日露戦争開戦2年前の明治35年(1902年)に発売されてから、100年以上ご家族の皆様に愛され続けています。大阪市天王寺区の中島佐一氏が、日本薬局方木クレオソート(以下、木クレオソート)を主原料とする薬を国産化し、『忠勇征露丸』として製造販売を開始したのが始まりです。当時、日本の軍隊にとって衛生状態の悪い外地において兵士の死亡原因が、戦闘での戦死より病死の方が多いということは大きな問題でした。江戸時代末期にドイツから入った木クレオソートは、胃腸病だけではなく肺炎や肺結核にも用いられていましたが、この木クレオソートをカンゾウ末などの生薬末で練って丸薬にし、兵士が戦地に携行して服用できるようにしたのがクレオソート丸すなわち『正露丸』です。
商品名は、日露戦争開戦前という時代背景から、ロシア(露国)を征伐することと、将兵の士気高揚の意味を併せて命名されたと言われています。『忠勇征露丸』の発売以後、その効き目から、日本国内において常備薬として愛用されるようになりました。第二次世界大戦後の昭和21年(1946年)に、大幸薬品の創業者である柴田音治郎が忠勇征露丸の製造販売権を継承し、『中島正露丸』として製造販売を再開しました。その後、昭和29年(1954年)に『正露丸』の商標登録を行い、現在の『正露丸』という名称になりました。

写真【明治時代の征露丸 】

昭和23年(1948年)に二代目 柴田卓が社長に就任してからは、正露丸の製造販売に注力してきました。そして、ラジオ、テレビを通じて積極的に宣伝広告を行い、正露丸はナショナルブランドの医薬品として全国の薬局、薬店で販売されるようになりました。

品質の信頼性を高める努力

正露丸の有効成分は100年間、一部の生薬を除いてほとんど変更していません。主成分の木クレオソートは、かつてはスウェーデンから輸入していましたが、現在は安定供給と品質の信頼性を高めるために自社で生産しています。また、カンゾウ末、アセンヤク末、オウバク末、陳皮末などの生薬についても、基原植物の確認や生産地の調査、管理指導を行って安定供給と品質の確保に努めています。

進む作用機序の解明

食あたり、冷えによる下痢、風邪の下痢、ウィルス性下痢、神経性下痢、エイズの下痢、最近ではSARSによる下痢など、下痢はさまざまな原因で起こります。正露丸がどのように下痢に効くかについて、最近かなり解明が進んできました。木クレオソートには腸管への腸液の分泌抑制効果があります。さらに、木クレオソートは服用後直ちに血中に吸収されて大腸の過剰な運動を抑制し、お腹の差し込みを抑え、結果として腸管での水分吸収を促進します。正露丸は木クレオソートの殺菌作用により効くと思われているようですが、実際には木クレオソートは大腸に届く前に吸収され、血液を介して効果を発揮していくのです。

安全性・有効性を再確認

写真【昭和初期の忠勇正露丸 】

正露丸100年の歴史の中には重大な危機がありました。それは医療用医薬品の再評価です。木クレオソートも再評価を受けることになりました。しかし、安全性、有効性を示す最新のデータが少なく、このままでは木クレオソートが使用できなくなる恐れがありました。大幸薬品は当時、独自に木クレオソートの安全性試験を始めていましたので、再評価に全面的に協力し、安全性と有効性を証明することができました。 大幸薬品は近年、米国において木クレオソートの第一相、第二相の臨床試験を行いましたが、それに先立って米国で木クレオソートの発ガン性試験を実施しました。最新のGLP試験を行って、結果を米国FDAへ報告し、専門雑誌へ論文の投稿も行いました。結果は以前の試験同様で、安全性を再確認できました。さらに大幸薬品は、製剤としての正露丸の有効性、安全性についても自ら確かめています。このような努力は、諸外国で正露丸の許認可を得るためにも大変役立っています。

世界の正露丸へ

正露丸の海外展開については、昭和29年(1954年)から東南アジアをはじめハワイへも輸出していました。現在では、カナダで医薬品として承認を受けていますが、アメリカ合衆国では健康補助食品(ダイエタリーサプリメント)として販売しています。東南アジアで一番大きな市場の中国ではOTC薬として承認を受け、毎年快調に販売を伸ばしています。香港、台湾市場も順調に伸びていますが、タイ、ベトナムなど東南アジア諸国へも輸出しています。世界にはまだまだ衛生状態の悪い地域や、医療制度が充実していない国が多くあります。これらの地域では多くの方が下痢による脱水症状で苦しんでいます。安全、有効で安価な正露丸は、まだまだこれからも世界の人々に役立つものと確信しています。

胃腸薬専門メーカーとしてのみならず、健康創造企業へ

ラッパのマークの大幸薬品は『正露丸』、においを抑えた『セイロガン糖衣A』などの止瀉薬に加え、乳酸菌とジメチルポリシロキサン入りの整腸薬『ラッパ整腸薬BF』、さらに木酢関連商品の製造販売も行い、胃腸薬メーカーとしてのみならず、お客様の健康創造企業としてなお一層の努力を続けてまいります。

写真
商品紹介

商品の特徴

  • 天然成分の日本薬局方木(もく)クレオソートは腸の運動を止めないで、腸内の水分バランスを調整し、おなかに作用します。
  • 本剤は主成分の日本薬局方木(もく)クレオソートをはじめ、アセンヤク末、オウバク末、カンゾウ末および陳皮(ちんぴ)末などの生薬を配合した、特異なにおいを持つすこし湿ったやわらかい丸剤です。
  • 食あたり、水あたり、消化不良といった食べ物、飲み物が原因で起こる軟便、下痢および、ストレス、かぜなどの原因で起こる軟便、下痢にすぐれた効き目を発揮します。
第2類医薬品 商品写真 ※パッケージは変更する場合がございます。
第2類医薬品 商品写真 ※パッケージは変更する場合がございます。
商品詳細(一例)正露丸
効能・効果軟便、下痢、食あたり、水あたり、はき下し、くだり腹、消化不良による下痢、むし歯痛
用法・用量 次の量を食後(なるべく30分以内)に必ず水またはお湯と一緒に服用する。
  • 成人(15歳以上):1回3粒 1日3回
  • 11歳以上15歳未満:1回2粒 1日3回
  • 8歳以上11歳未満:1回1.5粒 1日3回
  • 5歳以上8歳未満:1回 1粒 1日3回
  • 5歳未満:服用しないでください。
むし歯痛には、1~1/2粒を歯窩(むし歯の穴)につめてください。
成分・分量
  • (9粒〈成人の1日最大服用量〉中)
  • 日局 木クレオソート:400mg
  • 日局 アセンヤク末:200mg
  • 日局 オウバク末:300mg
  • 日局 カンゾウ末:150mg
  • 陳皮末:300mg
添加物として、ケイヒ、CMC-Ca、グリセリンを含有しています。
商品構成50粒、100粒、200粒、400粒、携帯用(30粒)
他の製品を検索