家庭薬の昔 日々進歩する家庭薬の昔をお伝えします!

家庭薬ロングセラー物語

カワイ肝油ドロップ発売開始年:1932(昭和7)年企業ロゴ

体内での消化吸収にすぐれ、いつでもどこでも水なしで服用できるビタミンAD剤。
商品の歴史と説明

一高助手

創立者 河合亀太郎【創立者 河合亀太郎】

『カワイ肝油ドロップ』の創製者であり薬学博士、河合製薬株式会社の創立者である河合亀太郎は、明治9年(1876)5月21日、静岡県浜名郡中瀬村に生まれました。将来は官吏になる夢を描いていましたが、12年の父親の病死により、運命の岐路に立たされることになりました。
16歳の時に、年来の志望を捨てて中学を中退。私立薬学校(現東京薬科大学の前進)に入学し、首席で卒業。薬剤師試験に合格した後、直ちに北里研究所に入り、第一高等学校教授の助手として、医薬学志望の学生に有機化学の実習を担当しました。しかし、過度の勉強から胸部疾患に侵され、長期療養を余儀なくされて、断腸の思いで教職を去ることになったのです。

肝油研究の成功

亀太郎は元気を回復すると、療養を兼ねて平塚の杏雲堂病院薬局長に24歳で赴任しました。病苦を痛感した薬局長は、患者に対しての最良の理解者であり、調剤に精魂を込めていました。
その頃、医師が保健強壮剤として推奨する肝油は強烈な魚の生臭さを持っていたために、服用しにくいという欠点がありました。これが肝油改良を終生の研究対象に取り組む、執念のきっかけとなりました。この“服用しやすい肝油”研究は学会にも高く評価され、後に「ミツワ研究所」主任研究員に推薦されました。運をつかんだ亀太郎は当年34歳、すでに経験済みの計画性に富む研究要領で、粘り強く、着実に成果を築いていったのです。
特に意欲を注いだのは独自の肝油研究で、年来の宿願であった小児にも服用しやすいドロップ式の肝油製剤の研究に成功し、ゼリー状のドロップの形でビタミンを安定に保つ技術を開発。これをカワイ肝油ドロップの起源である『肝油ドロップ』と名付けました。たゆまぬ研究の努力が実を結び、昭和6年「日本産タラ肝油の生薬学的研究」と題する論文が、審査を通過して、薬学博士の学位を授与されました。すでに肝油に関する特許も数件獲得されており、亀太郎が心血を注いだ肝油の創造的研究を大別すると、初期は肝油の最大の難点である脱臭と有効成分を濃縮する方法の発明が多く、後期は主に溶在するビタミンの安定化に関する研究で11件の特許を得たことになります。

日本から世界へ

亀太郎は、~健康なくして教育はありえない~という信念のもと、昭和7年に学校用肝油ドロップの製造販売を開始しました。以来、現在に至るまでの70年間、私たちはずっとこの理念を伝え続けて参りました。この亀太郎の思いは多くの教育者と子供たちの両親から支持され、昭和30年頃には日本全国の小学校に普及するにまで至りました。その後、時代は移り変わりましたが、現代になってもこの理念を伝え続けるためには、小学校・幼稚園・保育園などの教育機関と深い関わりを継続していくことが不可欠であると考えています。
そのため、日本全国の各都道府県に営業社員を配置し、きめ細かな対応を目的として子どもたちに今何が必要なのか、常にニーズを探っています。 また教育機関以外でも、お客様がいつでもどこでもカワイ肝油ドロップをご購入いただけるように薬局・薬店での販売を強化するとともに、生活協同組合や健康保険組合等の事業所へ向けても積極的な活動を展開しています。

販売活動風景【販売活動風景】

健康な暮らしは、いつの時代でも変わらない永遠の願いであり、これを夢見る人々の思いに国境などありません。海外諸国への輸出業務が開始されたのは昭和54年のことです。 平成7年には中国・香港・台湾においてテレビCMが開始されました。体に必要なビタミンを手軽に補える『カワイ肝油ドロップ』のラインナップは、今、アジアの国々からも注目を集めています。

~健康なくして教育はありえない~

「カワイ肝油ドロップ」ラインナップ【「カワイ肝油ドロップ」ラインナップ】

創立以来およそ90年間、「健康教育」という理念を通して社会に貢献するという強い意思は、現在も社員一人ひとりに受け継がれており、一粒のゼリーに込められた亀太郎の夢・思い・こだわりは、現在の『カワイ肝油ドロップ』の中にも大切に守られています。
研究・製造・品質管理が一体となって、より効果が高く服用しやすい製品を、より早く低価格で製造し、厳重な品質管理を経て皆様にお届けできるよう日々努力をしています。
すべての子どもたちが健康に育つ環境をお届けするとともに、世界中の人々が健康に暮らせる環境づくりのお手伝いをしていくことが亀太郎の喜びであり、私たちの喜びでもあるのです。

商品紹介

商品の特徴

  • カワイ肝油ドロップSは肝油の主成分として知られるビタミンADが配合されております。水なしでかんで服用できるバナナ風味のゼリー状ドロップ剤ですので、どなたにでも服用しやすくなっております。
第②類医薬品 商品写真 ※パッケージは変更する場合がございます。
第②類医薬品 商品写真 ※パッケージは変更する場合がございます。
商品詳細(一例)カワイ肝油ドロップS
効能・効果
  • ●次の症状の緩和:目の乾燥感。骨歯の発育不良、夜盲症(とり目)、くる病の予防。
  • ●次の場合のビタミンADの補給:妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、発育期、老年期。
用法・用量
  • 成人(15歳以上):1日1回2粒
  • 1歳以上15歳未満:1日1回1粒
※噛んで服用してください。
成分・分量
  • (2粒中)
  • ビタミンA:4,000国際単位
  • ビタミンD:400国際単位
商品構成100粒、300粒
他の製品を検索